News最前線

日々のニュースからの気付きや疑問と回答どんどん配信!

自動ブレーキとは具体的に何だろう?国土交通省が評価している項目とは


スポンサードリンク

最近高齢者ドライバーの事故が話題になってますが、その関係から高齢ドライバーの事故対策として自動ブレーキ搭載の自動車が運転条件として検討されだしたようです。

そもそも自動ブレーキとは何かといえば、自動車が人や物などの障害物を感知して、運転する人に警告したり自動でブレーキをかけたりする機能。

高齢者でなくてもそうですが、注意力が低下すると障害物を気づくのが遅れる、または気づかないで突っ込んでしまう、ということにもなりますが、高齢者ではその傾向が高いということから、この「自動ブレーキ」の義務づけ(正しくは自動車に自動ブレーキ機能があるものに限定して運転してよい)ということを検討開始した、ということですね。

ニュースを見てみれば、この事故対策に対して、警察庁で有識者会議が開かれ、自動ブレーキ搭載などの条件を付けた中で運転を許可する限定免許の導入が検討開始されるようです。

参照

headlines.yahoo.co.jp

実際にこの限定免許が導入されるのはまだまだこれからの議論を重ねていくことになりますが、近い将来そのような形になっていくでしょう。

ただ、慎重に議論するべき、という話もあり、それは、高齢ドライバーの権利、という観点から、この限定免許は高齢者でないドライバーに対して高齢ドライバーの権利を制限することにならないか、との話にもなりそうです。

何かと権利が重要視され主張される世の中になってきてますが、権利は義務を果たした中でのもの。この自動ブレーキ、車の運転という話でいえば、事故をいかに起こしにくくするか、人や物への影響を少なくした上で運転ができるか、ということがドライバーに求められる義務ともなり、高齢者ドライバーにとって、こういった義務をいかに果たしていくか、という課題、その課題解決のための1つの手段が今回の自動ブレーキ搭載の車、ということになりますね。

自動ブレーキを搭載すればすべて丸く収まる、という話でもなく、今後、年齢が重なっていくほど低下する視野、反射神経、筋力などの身体機能、自動ブレーキを含めて速度制限が自動でかかるなどの、いろいろな機能を備えた車が登場し、運転免許の導入が検討されていく、ということですね。

ちなみに、国土交通省による自動ブレーキの評価では、以下の項目の評価が行われているようです。

1)予防安全性能評価

  • 衝突後の感電保護性能評価、
  • エアバッグの評価、
  • 安全装置の設定状況、
  • 衝突安全性能、
  • 歩行者保護性能評価、
  • 乗員保護性能評価、
  • シートベルト着用警報装置

参考
http://www.mlit.go.jp/common/001154184.pdf

2)衝突安全性能評価

  • 被害軽減ブレーキ
  • 車線は見出し警報試験
  • 後方視界情報

参考
http://www.mlit.go.jp/common/001154183.pdf