News最前線

日々のニュースからの気付きや疑問と回答どんどん配信!

地域猫とはとその保護を知る!耳カットは痛いか性別の見分け方は?


スポンサードリンク

地域猫とはなんでしょう?
捨て猫、野良猫との違いはどこにあるのか、またその保護にあたって耳カットというものがありますが、実際のところはどうなのか、ここで一緒に見てみましょう。

地域猫とは?野良猫、捨て猫との違い

地域猫とは、いわゆる捨て猫、野良猫と違って、その地域の住民が合意して共同管理している猫のこと。この「共同管理しているかどうか」が、捨て猫、野良猫と地域猫との違いになりますね。

つまり、

  • 捨て猫、野良猫がいる
    ↓↓↓↓↓↓
  • 地域住民が管理しようと思う
    ↓↓↓↓↓↓
  • 実際に管理する(地域猫の誕生)

地域猫とは、実は環境省でしっかり定義されています。
以下の環境省の資料からすると、

住 宅 密 集 地 における犬 猫 の適 正 飼 養 ガイドライン - 環境省

地域猫とは

地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫

つまり、特定の家で飼われている猫ではないが、その地域全体が飼い主となっている猫、といことになりますね。

またこのガイドラインの中には地域猫に対する扱い、目指すところとして、以下のようにも謳われてます。

地域猫活動の目指すところ

その地域にあった方法で、飼育管理者を明確にし、飼育する対象の猫を把握するとともに、フードやふん尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化など地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、これ以上数を増やさず、一代限りの生を全うさせる猫を指します

人間の都合などで、地域に増えすぎてしまったりしてトラブルの元にもなる捨て猫や野良猫。これらに対して地域全体で飼育したり、トイレの管理、更に、これらの地域での共同の飼育が、猫を更に増やすことにつながらないように不妊手術、去勢手術も徹底して実施する。そういった中で、特定の飼い主がいない猫も、その生涯を地域全体で見守りながら全うさせよう、ということです。

地域猫活動としては、以下のようにも書かれてますね。

地域猫活動の目的

地域猫活動は地域住民と飼い主のいない猫との共生をめざし、不妊去勢手術を行ったり、新しい飼い主を探して飼い猫にしていくことで、将来的に飼い主のいない猫をなくしていくことを目的とする

何らかの理由で飼えなくなって捨てられてしまった猫。それらの猫が更に子を産み、地域でのトラブルの元に。元をたどれば人間がトラブルの原因の多くを作っていることにもなり、それらをなんとかして猫との共生を目指す、ということになります。

実際の地域での活動

地域猫に対する実際の活動は、その地域の住民のボランティアが行うことになりますが、その活動に行政としても活動資金の助成などをおこなっています。ポイントとしては、周辺住民の理解や自治会としての合意。

この合意がないと、猫好きのボランティアだけの、ある意味一方的な活動になり、猫好きでない人たちとの間でトラブルの元になりますね。

地域全体としての合意、地域で一体となった活動が重要であり、不妊手術、去勢手術なども必要になることから、理解のあるその地域の動物病院(獣医師)との連携も必要です。

こういった活動の中で、誰かが個人でその猫を飼う、つまり、初めは地域猫だったものが飼い猫になる例もあるようですね。

となれると、地域猫の全体像としては、

  • 捨て猫、野良猫がいる
    ↓↓↓↓↓↓
  • 地域住民が管理しようと思う
    ↓↓↓↓↓↓
  • 実際に管理する(地域猫の誕生)
    ↓↓↓↓↓↓
  • 飼い主が現れる(こともある)

となるようです。

耳カットは痛い?性別の見分けは?

地域猫として去勢手術や不妊手術を行った場合には、その目印として見た目で分かるように、片方の耳カット(耳にV字カット(V字の切り込み)が入れられたリ、耳ピアス(ビーズ)をしたりします。

この猫の耳のV字の切り込みの形から、こういった猫を”さくら猫”と呼ぶこともあるようですね。(呼び方が可愛くて綺麗)勿論、他にも首輪、名札などの目印をつけ、他の猫とは区別する、ということも行われます。

f:id:jinchankun:20170711114922p:plain

(引用元:ウーマンエキサイト

ちなみにこの耳カット、地域によっては、オスは右耳、メスは左耳、といったように決めている場合もあるため、この地域猫の性別はどちらだろう、とおもったら、そういったルールがその地域にあるかどうか、地域猫活動をしている方たちに確認してみると良いです。

この耳カット、痛いかも、と思われますが、基本的には、避妊手術、去勢手術をする際に、つまり麻酔がきいている時に行われるため、痛いからかわいそう、ということにはならないようで一安心。

こういった地域の取り組み、これ自体もまたトラブルになっているニュースも見かけますが、猫好き、猫嫌い、どちらでもない人たちを含めて、いろいろと共存できる社会目指せると良いですね。