News最前線

日々のニュースからの気付きや疑問と回答どんどん配信!

アスペルガー症候群に効果のある認知行動療法!具体的なやり方は?


スポンサードリンク

アスペルガー症候群とは、知的障害を伴わないが、対人関係や行動に問題が見られるもの。

他の人とうまくコミュニケーションがとれなかったり、1つのことに以上に集中したり、順序だったものやパターン化されたものには興味を示すが、パターンが変わると(突然なんらかのハプニングが起こると)混乱し対応できない、といった特徴があります。

f:id:jinchankun:20170716021856j:plain

ここではアスペルガー症候群の特徴と、最近話題の治療法「認知行動療法」の具体的なやり方、その効果などを見て行きましょう。

アスペルガー症候群5つの特徴

アスペルガー症候群、以下のニュースで5つの特徴が紹介されてます。

<医療>「アスペルガー症候群」五つの特徴

1)交渉事が極めて苦手

自分中心となる相手の主張を理解しない。

2)機転が利かない

とっさのシチュエーションに対応できず、混乱することが多い。
なにか予定していたことと違うことが起こるとどう対応していいのかわからず何もしないまま終わる。

2)回りが見えなくなる

こちらも自分中心となり、自分のやっていることだけに集中して周りの状況が見えずに周囲に合わせられない。

4)顔と名前が一致しない

他の人に興味がないため、顔だけ、名前だけは記憶していても、顔と名前が一致しない。

5)特定の人と深く親しくなることが苦手

コミュニケーションがうまくとれないため、何かしてもらうだけになったり、ひたすらしてあげる側になったりする。

大枠でいえば、

  • 自分に特化した考え方や行動」(他の人への関心が極端に低い))
  • パターン化された行動」(状況が変わると対応できない)

となりますが、これらを改善するには、

  • 行動とその元になる考え方を見つめなおし、
  • 考え方の問題点を認識して修正して行ったり、
  • その中で他の行動ができないかなどの可能性を考える、

ということが重要になり、ここで注目されているのが「認知行動療法」(CBT:Cognitive Behavioral Therapy)です。

アスペルガー症候群に期待の認知行動療法

この認知行動療法、うつ病ではすでに実績のある治療法ですが、この認知行動療法の専門機関としては、例えば以下のようなものがあります。

千葉大学の認知行動療法センターによれば、認知行動療法は、

薬物療法に勝るとも劣らない効果を持ち、従来型の支持的精神療法よりも優れた効果を持っています。そのため、不安障害(強迫性障害、社交不安障害、パニック障害など)、過食症などの多くの疾患で、治療の第一選択

となっています。

認知行動療法の具体的内容と効果

認知行動療法では具体的には、

  • 1)行動の明確化をして、
  • 2)そういった行動をとった考え方(自動思考)の明確化をし、
  • 3)その理由(考え方)について問題点がないかをチェックを行い、
  • 4)その見つかった問題点について時間をかけてでも認識してもらう

とういことを行います。

行動をとった考え方は自動思考と呼ばれ、この自動思考とは、ある状況において自動的に浮かぶ考え方で、いってみれば「思考のクセ」のようなもの。

つまりこの「自動的に浮かぶ思考のクセ」になにか問題点がないかをチェックし、問題点があれば修正していく、これらを繰り返し行うことで改善していくのが認知行動療法、ということになります。

時間は非常にかかるかもしれませんが、本人が問題点を理解するようになり、また問題点に対する改善の仕方も認識することになるため、大きな効果が期待されるもの。

本人が認識する、という点が非常に重要で、このことから認知行動療法の大きなメリットは、

  • 薬と同等の効果があり、
  • 再発の予防効果に優れている

という2点があげられています。

認知行動療法を少し体験してみる

千葉大学の認知行動療法センターでは、認知行動療法を簡単に少し体験できるよう、ネット上で以下を提供しています。

「5分間の認知行動療法体験 - ここれん心の練習5分間

このここれん心の練習5分間では、

  • 悩みやストレスを文章で具体化し、
  • その悩みやストレスの反対の内容を考えて、そう考える具体的根拠を2つ挙げてみる
  • その後改めて、始めにあげた悩みやストレスがどのくらい本当だと思うか、
  • またその悩みやストレスはどのくらいつらいと感じるか改めて考えてみる、

ということを行います。

悩みやストレスの反対の内容を考えたり、そう考える具体的根拠をあげるのが少し難しいかもしれませんが、5分間でできますので、是非試してみましょう。

実際に認知行動療法について実践されている方のブログがありましたので、以下参照してみてください。

認知行動療法の威力はすごい。夫(アスペルガー)の変化に脱帽

このブログ中では、人間関係に悩みのある夫が実際に認知行動療法を受け、日々、自分で言動を記録し、振り返った結果、行動が見違えるほどになった、ということです。

文字にして振り返ること、これは誰にしても重要なことですね。